【Final Cut Pro X】カット編集で使用するショートカット

この記事では、カット編集の際に使用するショートカットについて解説します。

使い方

コマンド:「command+「B

上記コマンドを同時に押下することで、カーソルを合わせた所をカットできます。

コマンド:「command+「Z

上記コマンドを同時に押下することで、カットを取り消すことができます(1つ前の状態に戻せます)。

コマンド:「command+「shift」+「Z

カット→取り消しの後に上記コマンドを同時に押下することで、カットを取り消す前の状態(=カットした状態)からやり直すことができます。

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.「command」+「Bを同時に押下する

↓カット編集を入れたいクリップを選択し、カットする所にレッドのカーソルを合わせてコマンドを押下します。

 

↓カットが入ります(ミシン目は、カットが入っていることを示します)。

2.「command」+「Zを同時に押下する

↓直前のカット編集を取り消したい場合に使用します(ミシン目が入っていない状態に戻ります)。

3.「command」+「shift」+「Z」を同時に押下する

↓取り消したカット編集を、元に戻したい場合に使用します(カットを入れた状態に戻ります)。