【Final Cut Pro X】人物を切り抜く方法

この記事では、Macの動画編集ソフトであるFinal Cut Pro Xで人物を切り抜く方法について解説します。

「マスクを描画」エフェクトを使い、コントロールポイントを打つ

結論

    1. 「エフェクトブラウザ」の「マスクを描画」を、人物を切り抜くクリップにドラッグ→コントロールポイントを打ち、切り抜く人物を縁取る
  1. 最後のコントロールポイントをダブルクリックして人物を切り抜く
  2. 縁取りを微調整&背景と合成して完了

また、グリーンスクリーンやブルースクリーン(通称グリーンバック、ブルーバック)を使用することで、クロマ・キー・エフェクトを使用して簡単に切り抜くこともできます。

詳細手順

以下に詳細手順を解説します。

1.「マスクを描画」エフェクトを選択→コントロールポイントを追加する

  1. 人物を切り抜きたい場所にカーソルを合わせる(例:『5:00』秒)
  2. 「エフェクトブラウザ」を開く
  3. 「マスク」を選択
  4. 「マスクを描画」を選択
  5. 「マスクを描画」を人物を切り抜くクリップへドラッグする
  6. ビューアに「クリックしてコントロールポイントを追加」が表示される

↓コントロールポイントを細かく打てるように、ビューアのサイズを拡大します(例:62%→200%)。

 

↓コントロールポイントを切り取る人物に打っていきます(内側から縁取るように打つことでキレイに切り取れます)。

↓ビューア内のカーソルをドラッグ→表示領域を変更して作業を続けます。

↓画面の端までコントロールポイントを打ちます。

2.最後のコントールポイントをダブルクリック→人物を切り抜く

↓最後に打ったコントールポイントをダブルクリックします。

↓最後に打ったコントロールポイントと、最初に打ったコントールポイントが自動的につながり、人物だけ切り取ることができます。

 

↓「ビデオインスペクタ」をクリック→「マスクを反転」にチェックすることで、切り抜きを反転する(背景を切り抜く)こともできます。

3.縁取りの微調整を行って完了(ポイントの固定・移動・スムーズな縁取り)

※この作業は、“切り抜く前”にもできますが、

  • 意図しない場所へコントロールポイントを打ってしまう
  • 意図しないタイミングで切り抜いてしまう
  • コントロールポイントが勝手に移動する

といった誤作動が起こる可能性があるため、切り抜いた後に微調整を行うのが良いでしょう。

 

↓ビューアを拡大してコントロールポイントの微調整を行います。

 

起点となるコントールポイントを固定(ロック)します。

↓起点となるコントロールポイントを右クリック→「ポイントをロック」を選択します。

ポイントの色がグレーに変更したらロック完了です。

 

↓コントールポイントをドラッグすることで、ポイントを移動して縁取る場所を調整できます。

曲線で切り抜きたい場所を、直線状からスムーズな縁取りに変更します。

↓コントロールポイントを右クリック→「スムーズ」を選択して曲線具合を調整します。

 

↓以上の微調整を行うことで、よりキレイな縁取りで切り抜くことができます。

 

↓切り抜きが完了後、背景を取り込むことで、人物と合成してサムネイルなどに応用できます。

Tips.クロマ・キー・エフェクトを使用して切り抜く

クロマ・キー・エフェクトとは、クリップの青または緑の背景から人物などを抽出・背景と合成するクロマキーを適用するためのエフェクトです。

 

↓切り抜きたい人物を、クロマ・キー・エフェクトを適用できる背景(グリーンスクリーンまたはブルースクリーン)で撮影し、Final Cut Pro Xに取り込みます。

 

  1. 「エフェクトブラウザ」を開く
  2. 「キーイング」を選択
  3. 「キーヤー」を選択
  4. 「キーヤー」エフェクトを、人物を切り抜くクリップへドラッグ

 

↓グリーンスクリーン部分だけ透過され、人物やテロップが切り抜かれます。

 

↓背景を取り込むことで、人物と合成してサムネイルなどに応用できます。

Tips.人物切り取りにおける「マスクを描画」と「キーヤー」の違い

↓「マスクを描画」エフェクトの場合は、コントロールポイントを打ったタイミングからカーソルを動かす(例:『5:00』秒→『8:00』秒)と、切り取りにズレが生じてしまいます

しかし、クロマ・キー・エフェクトの場合は、エフェクトを適用したクリップであれば、どこからでも人物だけを切り抜くことができます