【Final Cut Pro X】LUTを適用して色を補正する方法

この記事では、Macの動画編集ソフトであるFinal Cut Pro Xで、LUTを適用して色を補正する方法について解説します。

「情報インスペクタ」の「カメラのLUT」から任意のLUTを選択する

結論

色補正をするクリップを選択→「情報インスペクタ」→「一般」→「カメラのLUT」のポップアップメニューを開いて、任意のLUTを選択することでLUTが適用されます。

【LUTとは?】

ルックアップテーブルの略称。色を補正して、イメージの外観や動画の印象を大きく変えることができます。

↓LUT適用『前』の動画

 

↓LUT適用『後』の動画

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.クリップを選択→「カメラのLUT」からLUTを適用して完了

  1. LUTを適用するクリップを選択
  2. 「情報インスペクタ」を開く
  3. メタデータを開く(デフォルトでは「基本」が表示)
  4. 「一般」を選択

 

↓「カメラのLUT」のポップアップメニューを開いて、任意のLUTを選択する(例:『なし』→『Nikon N-Log』)

 

↓LUTが適用されたことをビューアで確認して完了です。