【Final Cut Pro X】静止画にアニメーションを設定する方法

この記事では、Macの動画編集ソフトであるFinal Cut Pro Xで静止画にアニメーションを設定する方法について解説します。

キーフレームを追加して「変形」の設定を変更する

結論

  1. アニメーションの開始位置にキーフレームを打つ
  2. アニメーションの終了位置で「ビデオインスペクタ」→「変形」の設定を変更する(例:位置の変更、回転など)

画像の位置を変更したり、画像を回転させるといったシンプルなアニメーションであれば、専用のプラグインをインストールしなくても、デフォルトの状態で設定することができます。

詳細手順

本記事では、【静止画が画面の中心から左下に、2秒かけて5回転しながら移動するアニメーション】を例として、以下に詳細手順を紹介します。

1.アニメーションの開始位置にキーフレームを打つ

  1. 静止画を選択し、アニメーションの開始位置にカーソルを合わせる
  2. 「ビデオインスペクタ」を表示
  3. 「変形」の設定を変更する(例:画像の「位置」を中心点、「回転」を『0°』に設定)
  4. キーフレームを追加する(例:「位置」「回転」に追加)

2.アニメーションの終了位置で「変形」の設定を変更して完了

  1. 静止画を選択し、アニメーションの終了位置にカーソルを合わせる(例:開始位置から『2秒後』)
  2. 「変形」アイコンをクリックして「変形」を選択
  3. 静止画の位置を、アニメーションの終了位置に移動する(「ビデオインスペクタ」の「変形」→「位置」の座標変更でも可能)

↓「ビデオインスペクタ」の「変形」→「回転」を数値を変更します(例:5回転=『1800°』に設定)。

 

↓以下の動画のように、『静止画が画面の中心から左下に、2秒かけて5回転しながら移動するアニメーション』が設定できます。

 

「位置」の座標を変更しなければ【静止画がその場で回転するアニメーション】、「回転」を変更しなければ【静止画が直線的に移動するアニメーション】を設定することができます。