【Final Cut Pro X】動画の一部分を拡大する方法

この記事では、Macの動画編集ソフトであるFinal Cut Pro Xで映像の一部分をトリミングして拡大する方法を解説します。

カット編集→映像をクロップして一部を拡大する

結論

  • 拡大したいクリップをカット編集→映像をクロップして一部分を拡大します。
  • 複数のクリップを同じ比率で拡大する場合は、「新規複合クリップ」を作成してクロップします。

【クロップとは?】
画像編集における「トリミング」に相当する機能で、映像の表示領域を変更(サイズを変更)することができます。

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.映像の一部分をカット編集→クロップして完了

↓『3:00〜7:00』秒の範囲で、映像の一部分を拡大します。


↓『3:00』秒と『7:00』秒にカット編集を入れます。

 

カット編集のやり方については以下の記事を参照ください。

【Final Cut Pro X】カット編集で使用するショートカット

 

↓拡大したいクリップに再生ヘッドを合わせる→「変形」アイコン右の下向き矢印をクリックします。

 

↓「クロップ」を選択します。

↓ビューアの「クロップ」を選択します。

 

↓四隅のカーソルをドラッグして映像をクロップ(画像編集のトリミング相当)→「完了」をクリックします

 

↓映像の一部分が拡大されます。

 

以上で作業は完了です。

Tips.複数のクリップを同じ比率で拡大する方法

↓以下の範囲で、映像の一部分となる複数のクリップ(背景とオブジェクト)を拡大します。

↓映像を拡大する範囲で、対象のクリップ全てにカット編集を入れます。

 

カット編集のやり方については以下の記事を参照ください。

【Final Cut Pro X】カット編集で使用するショートカット

 

↓対象のクリップを全て選択して右クリック→「新規複合クリップ…」をクリックします。

Tips.複数のクリップを選択するコマンド

「command」を押下しながら右クリックすることで、同時に複数のクリップを選択できます。

 

↓拡大したいクリップに再生ヘッドを合わせる→「変形」アイコン右の下向き矢印をクリックします。

 

↓「クロップ」を選択します。

↓ビューアの「クロップ」を選択します。

 

↓四隅のカーソルをドラッグして映像をクロップ(画像編集のトリミング相当)→「完了」をクリックします。

 

↓新規複合クリップで作成した部分が拡大されます。

 

以上で作業は完了です。