【Final Cut Pro X】オーディオを読み込む方法

この記事では、Macの動画編集ソフトであるFinal Cut Pro Xで、オーディオ(BGMや音声ファイルなど)を読み込む方法について解説します。

「ミュージック」タブから読み込むorメディアとして読み込む

結論

読み込むオーディオの保存場所によって、読み込み方が異なります。

  • ミュージックAppに保存されているオーディオファイル→「ミュージック」タブから読み込む

(例)YouTubeの「オーディオライブラリ」からダウンロードしたフリーBGM・音楽など

  • Finder(またはiCloud)Appに保存されているオーディオファイル→動画や画像データと同じようにメディアとして読み込む

(例)ボイスメモ Appで録音した音声ファイルなど

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.ミュージックAppに保存されているオーディオファイルの場合

YouTubeの「オーディオライブラリ」からダウンロードしたフリーBGMなど、ミュージックAppに保存されているオーディオファイルを読み込む方法を解説します。

 

  1. ミュージックタブをクリック
  2. 「ミュージック」をクリック
  3. オーディオファイルを選択
  4. タイムライン上にドラッグして編集する
↓ドラッグしたオーディオファイルは、メディアとしてイベント内に格納されます。

2.Finder(またはiCloud)Appに保存されているオーディオファイルの場合

ボイスメモ Appで録音した音声ファイルなど、Finder(またはiCloud)Appに保存されているオーディオファイルを読み込む方法を解説します。

 

↓「プロジェクト」下のスペースで右クリック→「メディアを読み込む…」をクリックします(コマンド:「command」+「I」でも可能)。

 

↓Finder(またはiCloud)Appのフォルダからオーディオファイルを選択→「読み込む」をクリックします。

↓オーディオファイルがイベント内に読み込まれるので、タイムライン上にドラッグして編集します。