【iPhone】Face IDとパスコードの設定について解説

この記事では、iPhoneの設定AppにおけるFace IDとパスコードの設定について解説します。

設定Appの「Face IDとパスコード」で設定可能

結論

設定Appの「Face IDとパスコード」を選択→パスコードを入力して以下の項目を設定できます。

  • Face IDの使用許可
  • Face IDに2つ目の容姿を設定
  • Face IDのリセット
  • 「注視」に関する設定
  • パスコードのオフ・変更
  • ロック中にアクセスを許可する動作設定
  • パスコード入力失敗時のデータ消去設定

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.設定Appの「Face IDとパスコード」をタップ→パスコード入力する

↓設定Appを開きます。

 

↓下にスクロールして、「Face IDとパスコード」をタップします。

 

↓パスコードを入力します。

2.Face IDに関する設定について

Face IDの使用許可

↓Appへのアクセスや支払いの際にFace IDの使用を許可する項目をONにします。

 

↓また、「その他のApp」をタップ→AppごとにFace IDの使用許可をONにできます。

Face IDに2つ目の容姿を設定

↓「もう一つの容姿をセットアップ」をタップします。

 

↓「開始」をタップして2つ目の容姿を設定します。

Face IDのリセット

↓「Face IDをリセット」をタップしてリセット完了です。

「Face IDをリセット」をタップすると、確認のポップアップがなくリセットされるため注意してください。

「注視」に関する設定

「注視」とは、ユーザーがiPhoneを見ている状態です。

↓「注視」タブでは以下の設定ができます。

  1. 「Face IDを使用するには注視が必要」をONにする→Face IDのセキュリティレベルを向上させます。
  2. 「画面注視認識機能」をONにする→画面を暗くする、ロック画面の通知を拡げて表示するといった動作時に、iPhoneを注視しているかどうか確認してくれます(例:注視していると画面が暗くならない)

3.パスコードの設定について

パスコードのオフ

↓「パスコードをオフにする」をタップします。

 

↓注意喚起のポップアップを確認→「オフ」をタップして完了です。

パスコードの変更

↓「パスコードを変更」をタップします。

 

↓既存のパスコードを入力します。

 

↓新規パスコードを入力して完了です(「パスコードオプション」をタップしてパスコードの種類を選択できます)。

4.その他セキュリティに関する設定について

ロック中にアクセスを許可する動作設定

↓iPhoneをロックしている状態でもアクセスを許可する動作をONにします。

ONにした動作はユーザー以外の人にも使用されてしまう恐れがあるため、その点を考慮して設定すると良いでしょう。

パスコード入力失敗時のデータ消去設定

この設定をONにすることで、パスコードの入力を10回失敗した時にiPhoneのデータが全て消去されます

↓「データ消去」をONにします。

 

↓「有効にする」をタップして設定完了です。