【iPhone】メールの送信を取り消す方法

この記事では、iPhoneのメールAppでメールの送信を取り消す方法について解説します。

『10秒間』表示される「送信を取り消す」をタップする

結論

送信アイコンをタップした後に画面下に表示される「送信を取り消す」をタップ→メールの送信が取り消されて、メールボックス「下書き」に格納されます。

※送信の取り消しが有効なのは、送信アイコンをタップしてから『約10秒』です。10秒を過ぎると「送信を取り消す」ができなくなり、送信相手の受信ボックスにメールが送られます。

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.メール送信→「送信を取り消す」をタップして完了

↓メールを送信します。


 

↓送信後に画面下に表示される「送信を取り消す」をタップして完了です。


「送信を取り消す」は送信してから『10秒間』だけ表示されます。

10秒を過ぎるとメールボックスがアップデートされ、相手の受信ボックスにメール送られ、送信のキャンセルができなくなります。

 

↓送信が取り消されると「下書き」メールになります。


 

↓また、送信を取り消したメールは、メールボックス「下書き」に格納されます。


 

↓メール内容を編集したり、削除・再送信する場合は、メールボックス「下書き」から該当メールを選択します。