【iPhone】データ通信量を節約する設定について解説

この記事では、iPhoneの設定Appでデータ通信量を節約する設定について解説します。

設定Appの「モバイル通信」で「Wi-Fiアシスト」と「iCloud Drive」をオフにする

結論

設定Appの「モバイル通信」を選択→以下の項目をOFFにします。

  • 「Wi-Fiアシスト」:Wi-Fiの接続状況が悪い時、モバイルデータ通信を使用してネットとの接続をサポートする機能。
  • 「iCloud Drive」:NumbersやPagesで作成した書類などをiCloudに保存して、アカウントを紐づけている別の端末に共有する機能。

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.設定Appの 「モバイル通信」をタップ→「Wi-Fiアシスト」と「iCloud Drive」をオフにして完了

↓設定Appを開きます。

 

↓「モバイル通信」をタップします。

 

↓下にスクロールして、「Wi-Fiアシスト」と「iCloud Drive」をOFFにして完了です。

  • 「Wi-Fiアシスト」とは、Wi-Fiの接続状況が悪い時、モバイルデータ通信を使用してネットとの接続をサポートする機能です。
  • 「iCloud Drive」をOFFにした場合、Wi-Fiに接続されるまで書類やデータはiCloudに保存されません(NumbersやPagesで作成した書類などが共有されない)。