【Mac】連係カメラの使い方(iPhoneをウェブカメラに設定する方法)

この記事では、Macのビデオ通話AppでiPhoneをウェブカメラに設定する連係カメラの使い方を解説します。

iPhoneをMacに近づける→ウェブカメラとして自動接続される

結論

FaceTimeやZoomなどのAppでビデオ通話する際に、iPhoneの画面をロックした状態でMacに近づける→MacにiPhoneが自動的にワイヤレス接続され、ウェブカメラとして設定できます(背面カメラを使用・接続コードは不要)。

※注意点:iPhone XS・XR以降のモデルで利用可能。

サンプル

以下にサンプルとして、FaceTimeとZoomでの設定方法を紹介します。

1.FaceTimeでの設定方法

↓FaceTimeを開き、メニューバーの「ビデオ」をクリック→「(ユーザー名)のiPhoneのカメラ」をクリックして設定完了です。


2.Zoomでの設定方法

↓Zoom Appを開き、ビデオアイコンの上矢印をクリック→「(ユーザー名)のiPhoneのカメラ」をクリックして設定完了です。


Tips.連係カメラの接続を解除・再接続する方法

iPhoneの画面で操作します。

↓連係カメラに設定している状態で「接続解除」をタップすることで、ビデオ通話Appのカメラのリストから削除されます。

 

接続解除したiPhoneを再度接続する場合は、MacとiPhoneをケーブルで接続する必要があります。

↓MacとiPhoneをケーブルで接続して、以下の画面がiPhoneに表示されたら接続完了です(ケーブルを外しても接続状態は維持されます)。