【iPhone】Appのバックグラウンド更新の設定について解説

この記事では、Appのバックグラウンド更新の設定について解説します。

設定Appの「一般」→「Appのバックグラウンド更新」で設定可能

結論

設定Appの「一般」を選択→「Appのバックグラウンド更新」をタップして、以下の項目から設定を選択します。

  • Appのバックグラウンド更新をしない
  • Wi-Fi接続時はAppのバックグラウンド更新を許可する
  • Wi-Fiとモバイル通信接続時にAppのバックグラウンド更新を許可する(デフォルト)

■バックグラウンド更新とは?

バックグラウンド更新をONにしておくことで、Appを使用していないとき(背後に回っているとき)でもコンテンツを更新して最新のデータを取得します。

↓背後に回っている状態(バックグラウンド)


サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.設定Appの 「一般」をタップ→「Appのバックグラウンド更新」をタップする

↓設定Appを開きます。


 

↓「一般」をタップします。


 

↓「Appのバックグラウンド更新」をタップします。


 

2.バックグラウンド更新を許可する条件を選択して完了

↓「Appのバックグラウンド更新」をタップします。


 

↓バックグラウンド更新を許可する条件を選択して設定完了です。

  1. 「オフ」→バックグラウンド更新をしない
  2. 「Wi-Fi」→Wi-Fi接続時はバックグラウンド更新を許可
  3. 「Wi-Fiとモバイルデータ通信」→常にバックグラウンド更新を許可(デフォルト)

 

  • バックグラウンド更新をOFFにした場合、コンテンツ更新分のデータ通信量やバッテリー消費を節約できます。
  • 「Wi-Fi」を選択した場合、モバイルデータ通信の容量を節約できます。

 

↓Appごとの許可設定もできます(例:『Amazon』Appはバックグラウンド更新しない)。