【iPhone】AirDropの検出に関する設定について解説

この記事では、iPhoneの設定Appで、第三者のAirDropに自分のiPhoneを検出させるかどうかの設定について解説します。

設定Appの「一般」→「AirDrop」で設定可能

結論

設定Appの「一般」を選択→「AirDrop」をタップ→自分のiPhoneの検出を許可する対象(第三者の範囲)を以下から選択します。

  • 受信しない
  • 連絡先のみ
  • すべての人

サンプル

以下にサンプルを紹介します。

1.設定Appの 「一般」をタップ→「AirDrop」で検出を許可する対象を選択して完了

↓設定Appを開きます。


 

↓「一般」をタップします。


 

↓「AirDrop」をタップします。


 

↓第三者がAirDropに対して、自分のiPhoneの検出を許可する対象を選択して完了です。

  • 「受信しない」→誰にも検出を許可しない
  • 「連絡先」→連絡先に登録している人のみに検出を許可
  • 「すべての人」→近くでAirDropを起動した人なら誰でも検出可能

Tips.「すべての人」は10分間のみ有効(iOS16.2アップデートより)

iOS16.2のアップデートによって、「すべての人」を選択した場合、10分経過すると自動的に「連絡先のみ」に設定が変更されるようになりました。

Tips.コントロールセンターでも設定可能

↓コントロールセンターを開く→Wi-Fiのアイコンを長押しします。


 

↓「AirDrop」をタップします。


 

↓自分のiPhoneの検出を許可する対象を選択して完了です。


コントロールセンターを使用した方がスムーズに設定ができます。